そもそもプラセンタ(プラセンタエキス)ってなに?

プラセンタエキスとは単独の成分のことではなく、いろいろな成分が含まれているエキスのことです。この点が少々あいまいになっている面もあり、この成分を美容に役立てる場合には改めて「プラセンタとはどんなものなのか」をよく知った上で製品選びや活用方法を検討していくべきでしょう。

プラセンタとは動物の胎盤から抽出されたエキスを元に作られた成分

プラセンタ(プラセンタエキス)とは

プラセンタとはもともと「胎盤」を意味する言葉で、その由来の通り胎盤から抽出されたエキスを元に作られています。胎盤には胎児の成長を促すためさまざまな成分が含まれており、非常に優れた栄養価を備えているのです。単独の成分ではないからこそのメリットを備えているといってもよいでしょう。

 

主成分はたんぱく質ですが、アミノ酸やビタミン、ミネラルといった人間の健康にも欠かせない成分がたっぷりと含まれているのです。成人女性が不足しがちな鉄分や亜鉛も含まれているため、単に美容効果だけでなく貧血予防やホルモンバランスの調節・改善などにも効果が期待できます。とくにホルモンバランスを整える効果は更年期対策にも用いられるなど現代の女性にとって重要なポイントとなりつつあります。

 

さらに重要なのがグロースファクター(成長因子)の存在です。胎盤では胎児の細胞分裂、つまり成長を促すためこのグロースファクターが含まれており、人間が取り入れることで細胞の働きを活性化する効果が得られます。年齢を重ねると角質細胞の働きが低下することでターンオーバーが乱れ、シミやくすみ、角質肥厚といったトラブルの原因となります。

プラセンタは美容効果だけではなく健康面でも効果を発揮する

プラセンタ(プラセンタエキス)とは

プラセンタを補うことでこうした年齢肌の大きな悩みの改善に役立てることができるわけです。もともとプラセンタが美容成分として活用されるようになったのもこのグロースファクターによるターンオーバーの活性化が大きな理由です。

 

このように美容にとってはいいことづくめ、さらに栄養価も高いので先ほど触れた更年期対策のほか体力づくりや不妊対策などにも活用できる。この幅広い効果が人気の秘密となっています。ただし注目を集めることで「プラセンタとは何か」という基本のところで少々問題も出てきています。

 

もともと胎盤から抽出されたエキスのことを言うにも変わらず植物や魚など胎盤を持ち合わせていない原材料から抽出されたエキスを「植物プラセンタ」「マリンプラセンタ」と名づけて化粧品やサプリメントに配合するケースも増えているのです。

 

こうしたエキスには優れた栄養価がある一方で胎盤由来のグロースファクターはないため、ターンオーバーの活性化などの効果は限られてしまいます。プラセンタを活用する際にはこうしたあいまいな面にも注意したうえで選んでいくようにしましょう。

プラセンタ(プラセンタエキス)が美容に用いられている理由

プラセンタエキスが化粧品からサプリメント、さらには注射まで幅広く美容に用いられている背景にはこのエキスがもつ驚くほど幅広い効果があります。

プラセンタに含まれるグロースファクターはターンオーバーを促す

プラセンタ(プラセンタエキス)とは

動物の胎盤から抽出されたこのエキスにはグロースファクター(成長因子)という成分が含まれています。もともと胎盤で胎児の細胞分裂を促す役割を担っているものですが、美容成分として用いることで皮膚の角質細胞を活性化し、ターンオーバーを促す効果が得られるのです。

 

人間の肌はつねに新陳代謝を続けており、新しく作られた皮膚が古い皮膚と入れ替わるターンオーバーが行われています。通常28日周期で入れ替わりが行われているとよく言われますが、これは健康な肌の話で、年齢を重ねていくにつれてターンオーバーに乱れが生じ、周期が遅くなっていきます。

 

40代では40日以上にまで延びてしまうといわれており、新しい皮膚が作られにくくなるとともに古い皮膚が排出されずに残ってしまうことでくすみやメラニン色素の沈着によるシミといった問題が起こりやすくなるのです。プラセンタに含まれているグロースファクターはこうした肌そのものの機能の低下を改善することでさまざまなトラブルの予防・改善に役立ってくれるのです。

プラセンタにはハリの改善や美白効果もある

プラセンタ(プラセンタエキス)とは

しかもこの細胞を活性化させる働きは繊維芽細胞と呼ばれるコラーゲンやエラスチンを作っている細胞にも及びます。年齢を重ねると真皮層で肌を支えているこの2つの成分が不足していくことでハリが低下し、たるみやシワができていきます。

 

スキンケアでコラーゲンやエラスチンを直接補っても真皮層にまでは浸透しないので十分な効果は期待できないのですが、プラセンタで繊維芽細胞を活性化させることで体内での生成量そのものを増やすことができるためハリの改善に大きな効果が期待できるわけです。

 

さらに近年では美白成分として活用される機会も増えています。これまでターンオーバーの活性化がメラニン色素の排出を促し沈着を防ぐ役割を担うほか、他の美白成分と同じようにメラニン色素の生成そのものをブロックする働きもあります。つまりメラニン色素が作られにくくなるうえに排出されやすい状態へと導く。一石二鳥の効果で美白対策に役立ってくれるのです。

 

これだけを見ても美容に用いられている理由は明らか、むしろ利用しないがもったいないと思えるほどです。現在ではさまざまな種類のプラセンタが使用されているのでそれぞれの特徴やメリットなども踏まえたうえでぜひ日ごろの美肌対策に役立てていきたいところです。

妊娠中でも大丈夫?プラセンタ摂取で副作用は?

プラセンタは胎盤から抽出されたエキスから作られた成分のことです。このエキスには胎児の成長を促すためアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどじつにさまざまな成分が含まれているほか、細胞分裂を促すグロースファクター(成長因子)も含まれています。つまり美肌効果に優れている以前に栄養補給の手段としても非常に魅力的なのです。

アレルギー性皮膚炎を抱えている人はプラセンタの使用に注意

プラセンタ(プラセンタエキス)とは

だからこそ化粧品やサプリメント、さらには医療機関で行われるプラセンタ注射まで幅広い用途で活用されているわけですが、では安全面はどうなのでしょうか?日常生活でプラセンタを摂取することで副作用などのリスクは生じないのでしょうか?そんな不安を持っている方もあるかもしれません。

 

現時点でプラセンタによる重篤な副作用は報告されておらず、安全性は高いとされています。ただし深刻な症状をもたらすことはないにしろ軽い副作用といえるような症状はいくつか報告されており、人によっては服用・使用ともに注意が必要な面もあります。

 

まず挙げられるのがアトピーなどアレルギー性皮膚炎を抱えている方の症状が悪化してしまうケース。もともとプラセンタはアレルギー反応の原因となるヒスタミンの働きを抑制するなどアトピーの改善に役立つといわれていますが、逆にプラセンタの影響でかゆみなどの症状が悪化してしまうことがあるのです。

妊娠中もアレルギーを持っていなければ基本的に安全と言われている

プラセンタ(プラセンタエキス)とは

これはプラセンタそのものに対してアレルギー反応が発生してしまったのが原因と考えられています。ごく稀なケースですが、プランセンタそのものへがアレルゲンになる可能性があることは覚えておいたほうがよいかもしれません。

 

もともとプラセンタはたんぱく質が主成分でアミノ酸が豊富に含まれています。この栄養価の高さこそ大きなメリットでもあるのですが、逆にアレルギー反応の原因になってしまう可能性もあるわけです。

 

妊娠中に使用しても大丈夫か?についてはアレルギーを持っているかどうかがポイントになるでしょう。基本的には妊娠前に使用して問題がなければ妊娠中で使用しても大丈夫でしょう。ただプラセンタ注射は胎児の成長を促しすぎてしまうという指摘もあるので気になる方は医師に相談したうえで判断しましょう

 

後は効果があらわれはじめた段階で一時的に肌荒れなどの症状が起こる好転反応が見られることもありますが、これは副作用ではなく肌環境がよくなっていく過程であくまで一時的に起こるものなので特に心配はありません。現在のプラセンタサプリや化粧品は品質が高いので衛生面などの問題もなく、アレルギーを除けば基本的には安全面の問題はないと考えてもよいでしょう。

コスメルジュ編集部が選んだ!プラセンタ原液化粧品

ヴィーナスプラセンタ原液

プラセンタ原液おすすめヴィーナスプラセンタ原液

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>ヴィーナスプラセンタ原液の公式ホームページで詳しく見てみる!
キレイ・デ・ボーテ リペアセラム

プラセンタ原液おすすめキレイ・デ・ボーテ

100%美容成分!油溶性プラセンタと高濃度ビタミンCが小じわにアプローチ
5,980円・税込/定期初回1,980円(2回目以降4,980円)税込
>>キレイ・デ・ボーテの公式ホームページで詳しく見てみる!
フラコラ WHITE’stプラセンタエキス原液

プラセンタ原液おすすめフラコラ

プラセンタ原液100%!プラスワンのケアでトラブル知らずのあの頃の肌に
お試しサイズ15日分980円・税込 ※初回限定
>>フラコラの公式ホームページで詳しく見てみる!