プラセンタ注射-医療機関での受診が必要-

プラセンタの幅広い効果が注目されるようになっている一方で、その効果を活かすためさまざまな活用方法が登場するようになりました。その中でももっとも効果が高いといわれているのがプラセンタ注射です。注射で直接体内にプラセンタを注入することで効果を発揮しようという方法で、肌に塗付するスキンケア製品や体に内面から取り入れるサプリメントよりも直接的な効果が期待できるのです。

プラセンタ注射は高い効果と即効性が期待できる

プラセンタ(エキス)の摂取方法

ただ注射となるとちょっと不安…という方も多いはず。そこでプラセンタ注射にはどんなメリットとデメリットがあるのかを知っておきましょう。

 

メリットといえば皮下に直接注入することで高い効果が期待できること、そして短時間で効果を実感できる即効性が期待できることがまず挙げられます。さまざまな効能で人気のプラセンタですが、実際にその効果を実感する機会は少ないものです。

 

ターンオーバーの活性化にしても効果があらわれるまでには最低でも1ヵ月以上はかかりますし、効果があらわれたしても「ターンオーバーが早くなった!」とはっきり実感する少ないものです。ましてサプリメントの場合はなかなか実感するのが難しいというのが実際のところです。

プラセンタ注射医療機関で施術を受け痛みを伴うことも

プラセンタ(エキス)の摂取方法

しかしプラセンタ注射ならターンオーバーの活性化はもちろん、保湿効果やバリア機能の改善、抗炎症作用や免疫機能の改善といった効果を実感しやすくなります。肌の透明感やハリが増し、毎日のスキンケアでも刺激に対して過剰に反応しなくなったといった実感を得やすいのです。

 

また、スキンケアと違って肌に負担をかけない点も大きな魅力でしょう。刺激に敏感な乾燥肌・敏感肌では摩擦の刺激が気になって思うように化粧品を使えないもの。皮下注射ならその心配はありませんし、サプリメントよりも直接的な効果が期待できる。まさに理想的なプラセンタの活用方法といえるのです。

 

ただデメリットもあります。まず医療機関で施術を受けなければならないこと。美容目的で行う場合には当然保険適用外で全額負担ですし、初診料・再診料などの費用も発生します。面倒なうえに定期的に受け続けるにはちょっと経済的な負担が大きすぎる面もあるのです。あとはごく稀ですが発熱や悪寒などの副作用が見られることもあります。

 

また皮下注射の場合は体内への吸収率があまりよくない、逆に筋肉注射は吸収率はよいけれども痛みがあるといった問題点もあります。注射が苦手という方も多いでしょうから、こうしたデメリットも踏まえたうえで判断したほうがよさそうです。評価が分かれやすい方法ですが、興味がある方は検討してみてはいかがでしょうか。

プラセンタサプリ-効果はおだやかでゆっくり-

日常生活のなかでプラセンタを活用していく方法としてはスキンケア製品とサプリメントの2種類があります。スキンケア製品は肌に直接塗付してプラセンタを補っていくのに対してサプリメントは体内に取り入れることで補う点に大きな特徴があります。

プラセンタサプリは手軽でおだやかに効果を実感できる

プラセンタ(エキス)の摂取方法

サプリメントのメリットとしてはまず手軽に活用できる点が挙げられるでしょう。何しろ飲むだけでいいのですから簡単です。旅行や出張などの際にも携帯していけばいつでも飲むことができるので面倒もありません。スキンケア製品はどうしても時間がかかるうえに旅行先で使用するのが面倒といったマイナス点が出てしまいます。また薬ではなくサプリメントなので服用する時間帯、タイミングなどに厳しい規則もありません。

 

体内にゆっくりと吸収していくので効果がおだやかな点もメリットでしょう。スキンケア製品の場合、効果がまず好転反応の形であらわれることもあります。ターンオーバーの活性化が急に進んだ結果一時的には肌荒れが起こりやすくなるといった問題が起こることもあります。サプリメントならそんなこともなく、しかも穏やかに体内に吸収されていくので健康に害をもたらすといったこともありません。

プラセンタサプリは肌への負担も少ない

プラセンタ(エキス)の摂取方法

肌に負担をかけない点も肌質によっては大きな魅力となるでしょう。もともと乾燥肌・敏感肌の方はもちろん、老化の影響でバリア機能が低下してしまっている方もスキンケア製品を使用する際の摩擦の刺激が気になるものです。またスキンケア製品そのものの刺激もネックになることもしばしば。そのせいで思うようにスキンケアができない人も多いものですが、サプリメントならそんな心配もありません。

 

サプリメントで肌環境を改善したうえでスキンケア環境を充実させる、といった相乗効果を試すこともできるでしょう。

 

一方デメリットとしては効果を実感するまで時間がかかる、あるいは実感しにくいという面があります。肌に直接塗付して浸透させるわけではないのでどうしても時間がかかってしまいます。また、プラセンタは体の健康そのものにもよいのでサプリメントで摂取すれば栄養補給してもよい効果が期待できるわけですが、その一方で摂取した分がすべて美肌効果に回されるわけではないので同じ量を摂取してもスキンケア製品ほど美肌効果は期待できない面もあります。

 

もともとサプリメントは健康補助食品ですから、あまり効果に過剰な期待を持つのは禁物です。ですからあくまで日ごろの美肌・健康対策を補助する方法としてプラセンタサプリを活用していくようにすればそのメリットを活かしていくことができるでしょう。

プラセンタ化粧品-商品の見極めがポイント-

プラセンタ化粧品はプラセンタを美肌ケアに役立てていく上でもっとも手軽で効果が期待できる選択肢です。そのこともあってさまざまなメーカーからプラセンタ化粧品が発売されるようになっており、しかもその種類や効果も幅広くなっています。

プラセンタ化粧品を見極めるには浸透性や相乗効果が重要

プラセンタ(エキス)の摂取方法

このプラセンタ化粧品のメリットはなんといっても自宅で手軽にできる点です。プラセンタ注射のように医療機関に受診する必要はありませんし、もちろんエステなどに通う必要もありません。プラセンタが配合された化粧品を毎日のスキンケアに使用するだけ。

 

しかもサプリメントに比べて肌に直接と塗付する分美肌に直接的な効果が期待できます。体内で吸収されるサプリメントの場合、ゆっくりと吸収されることもあって効果を実感するまでに時間がかかりますし、プラセンタに含まれている多彩な成分がすべて美肌に役立つわけではないので効果を実感しにくい面もあります。

 

スキンケア製品なら効果が発揮されるまでの時間も少なく、しかも実感しやすいのです。実感できるまでの期間は注射に比べるとさすがにゆっくりしていますが、手間や手軽さを考えるとこちらのほうに軍配を上げる人も多いはずです。

プラセンタの配合量・配合率なども見極めポイント

プラセンタ(エキス)の摂取方法

他の有効成分と組み合わせることで相乗効果が期待できる点も化粧品の大きな魅力でしょう。たとえばシワやたるみが気になる方はプラセンタでターンオーバーを活性化しつつ、レチノールやビタミンC誘導体でコラーゲンの生成を促すことでより効果を高めることができます。美白成分として活用する場合にはEGFやセラミド、ヒアルロン酸といった成分と組み合わせると効果的です。

 

こうしたメリットを活かすためには商品の見極めが重要でしょう。効果を実感しやすくするために浸透性のアップを図っているかどうか、どの有効成分と組み合わせることで相乗効果を目指しているのか。またプラセンタの配合量・配合率なども見ておきたいところです。現在では他の成分を配合せずにプラセンタのメリットだけを引き出すために作られたプラセンタ原液なども登場しているのでチェックしてみましょう。

 

ただ品質の高い、配合量が多いプラセンタ化粧品ほど価格が高くなります。原液などは濃度も純度も高いこともあってどうしても価格が高くなってしまうため、自分の経済力で購入できる範囲内かどうかともチェックする上での重要なポイントとなりそうです。あくまで無理せず買い続けて使い続けられる範囲内でできるだけ高品質のプラセンタが配合されているものを選ぶ。こうした見極めをしっかり行っていきたいところです。

コスメルジュ編集部が選んだ!プラセンタ原液化粧品

ヴィーナスプラセンタ原液

プラセンタ原液おすすめヴィーナスプラセンタ原液

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>ヴィーナスプラセンタ原液の公式ホームページで詳しく見てみる!
キレイ・デ・ボーテ リペアセラム

プラセンタ原液おすすめキレイ・デ・ボーテ

100%美容成分!油溶性プラセンタと高濃度ビタミンCが小じわにアプローチ
5,980円・税込/定期初回1,980円(2回目以降4,980円)税込
>>キレイ・デ・ボーテの公式ホームページで詳しく見てみる!
フラコラ WHITE’stプラセンタエキス原液

プラセンタ原液おすすめフラコラ

プラセンタ原液100%!プラスワンのケアでトラブル知らずのあの頃の肌に
お試しサイズ15日分980円・税込 ※初回限定
>>フラコラの公式ホームページで詳しく見てみる!