メラニンの生成を抑える!厚生労働省も認める美白効果

プラセンタがもともと美容成分として注目を集めるようになったのはグロースファクター(成長因子)の存在が大きな要因です。細胞を活性化させることでターンオーバーを活性化し、肌のハリを改善できる。シワやたるみの悩みを抱えている女性たちがこの効果を期待してスキンケアに活用するようになったわけです。しかし現在ではプラセンタの研究が進んでいることでそのほかの効果・効能にも注目が集まるようになっており、とくに美容の分野では美白作用が期待される傾向が見られています。

プラセンタはメラニン生成を阻害する効果がある

プラセンタ化粧品の効果

美白とはシミ・くすみといったトラブルを予防・改善するケアのことです。現在美白化粧品と名づけられている製品は市場に無数といってよいほど存在し、それぞれ美白成分と呼ばれる有効成分を配合しています。この美白成分はシミの原因となるメラニン色素の生成を阻害するという効果が共通しているのですが、プラセンタエキスにも同様の効果が備わっています

 

メラニン色素は日焼けの原因にもなる茶褐色の色素ですが、もともとは紫外線などのダメージから肌を保護するためのものです。紫外線を多く浴びてしまった場合はもちろん、過剰なスキンケアやニキビなどの炎症といったダメージでも生成量が増加します。

 

本来なら生成されたメラニン色素はターンオーバーの過程で排出されて残りません。しかし過剰に生成されてしまった場合には排出が間に合わずにそのまま角質に沈着してしまい、そのままシミになってしまうのです。

 

美白成分はこのメラニン色素が生成されるメカニズムに介入することで生成量を減らし、沈着を起こすリスクを軽減する働きが備わっています。

プラセンタは美白成分だけではなく他の美容効果もある

プラセンタ化粧品の効果

ただ、この美白成分の基本的な効果にはひとつ問題点があります。メラニン色素の生成を防ぐ、つまりシミ・くすみの予防には優れている反面、すでに沈着を起こしてしまったメラニンを薄くする改善効果が弱い点です。しかしプラセンタなら美白効果に加えてさまざまな美容効果が加わることでこの問題点を克服することができます。

 

グロースファクターによってターンオーバーを活性化させる効果でメラニンが沈着を起こした角質と排出することができますし、新しい健康肌と古い肌をスムーズに入れ替えることでバリア機能を改善し、メラニン色素が生成されにくい状態へと整えることもできます。美白成分にプラスして美容効果も備えていることでより幅広いアプローチで美白対策に役立てていけるのです。

 

さらにハイドロキノンなどの美白成分は少々肌への刺激が強い面があり、乾燥肌・敏感肌の方には使用が適さないこともあります。プラセンタエキスならその点も安心で、無理なく使用できるほか炎症を改善していくスキンケアとしても役立てていくことができます。こうしたメリットから美白成分としても大きな注目を集めているわけです。

肌のバリア機能を高めて潤いをキープする保湿効果

プラセンタエキスの最大のポイントはターンオーバーを活性化させる働きです。グロースファクター(成長因子)が細胞を活性化させることで老化の影響で停滞していたターンオーバーを促し、肌の若々しさを取り戻す効果を発揮してくれます。

プラセンタでターンオーバーを促すことで保湿とバリア機能を高められる

プラセンタ化粧品の効果

このターンオーバーの活性化を目的にエイジングケアにプラセンタを使用している方も多いはずですが、もうひとつ、保湿効果もエイジングケアに欠かせない重要な効果として挙げられます。プラセンタが保湿成分として扱われることは少ないですが、じつは保湿対策にも非常に役立つのです。

 

保湿といえばセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった角質層に含まれている保湿成分を補う対策がまず頭に浮かびます。もちろんそれはとても重要な対策なのですが、どうして保湿成分を補う必要が出てきたのか?にも着目してみましょう。問題なのは老化の影響でこれらの成分の生成量が減少し、不足してしまっていることです。

 

しかもこうした保湿成分が不足すると乾燥だけでなくバリア機能の低下も引き起こされます。角質層に本来角質細胞が整然と並んで層を形成した構造となっています。角質細胞同士はピッタリくっついているのではなく、間にセラミドをはじめとした保湿成分や水分が存在しながら結びついているのです。

プラセンタと保湿成分を組み合わせることで効率よく乾燥対策を

プラセンタ化粧品の効果

ところが保湿成分が減少してしまうとこの結びつきが緩んでしまい、隙間が広がっていきます。その結果水分がそこから蒸発して失われてしまったり、紫外線のダメージが奥にまで侵入して肌トラブルが起こりやすくなってしまったりします。

 

ですから保湿成分を補うことも大事ですが、ターンオーバーを活性化させて若々しい肌作りを目指していくことも重要なのです。構造が乱れてしまった肌からしっかりと構造が維持されている新しい肌への入れ替わりをプラセンタによって促すことで肌全体の保湿とバリア機能を高めていくことができます。年齢を重ねるとターンオーバーの周期がどんどん遅くなることが乾燥とバリア機能の低下の大きな原因のひとつなのです。

 

もうひとつ、角質層で保湿を担っているセラミドと天然保湿因子(NMF)はターンオーバーの過程で作られる面も重要なポイントです。加齢によってターンオーバーが遅れると生成量も低下し、保湿力とバリア機能が低下してしまうわけです。外から保湿成分を補うだけでなく、プラセンタでターンオーバーを活性化すれば体内での生成を増やすこともできる。保湿成分と組み合わせることで相乗効果で乾燥対策を行っていけるわけです。

 

直接保湿効果を発揮する成分ではないものの、保湿成分と比べてもそん色ない重要な役割を担っていることがうかがえるのではないでしょうか。

ターンオーバーを促進させるエイジングケア効果

ターンオーバーの促進はプラセンタの効果の中でもっとも注目されている部分といってもよいでしょう。もともとこの成分が美容成分としてさまざまな製品に配合されるようになったのもこの効果がきっかけです。

プラセンタに含まれるグロースファクターはターンオーバーを促進させる

プラセンタ化粧品の効果

ターンオーバーとは皮膚の新陳代謝のことです。皮膚はつねに再生と排出が繰り返されており、続々と新しい皮膚が作られてどんどん肌の上へと押し上げられている一方で表面まであがってきた古い肌は垢などの形でどんどん排出されていきます。この入れ替わりがスムーズに行われていればつねに若々しく健康的、そして透明感のある肌を維持できるわけです。

 

しかしこのターンオーバーはさまざまな要因によって乱れが生じます。その中でも最大の要因が加齢による衰え。よくターンオーバーは28日周期、この期間の間に新しい肌と古い肌が入れ替わるといわれていますが、これはあくまで若く健康な状態の話。年齢を重ねるにつれてこの周期は遅れがちになり、40代になると40日以上、50代になると50日以上にまで延びてしまうといいます。

 

周期が遅れれば古い肌が長く居残ることになりますし、なかなか剥がれ落ちないでいるとどんどん蓄積されて角質肥厚の状態になっていきます。そうなると透明感が失われてしまうだけでなくメイクのノリも悪くなりますし、さらにはメラニン色素が沈着を起こしやすくなることでシミ・くすみが起こりやすくなってしまいます。

グロースファクターは動物由来のプラセンタのみに含まれている

プラセンタ化粧品の効果

美白化粧品はメラニン色素の生成をブロックすることでシミ・くすみを予防する働きがありますが、ターンオーバーが乱れていると生成量を減らしてもなかなか排出されないので結局沈着を起こしてシミになってしまう恐れがあります。

 

プラセンタには細胞の働きを活性化させるグロースファクター(成長因子)という成分が含まれており、新陳代謝、つまりターンオーバーを促す効果を発揮します。老化の影響で低下した細胞に活力を与えることで再び活発な新陳代謝をもたらすことができるのです。ターンオーバーはその過程でセラミドや天然保湿因子(NMF)を生成するため、保湿やバリア機能の改善とも非常に深いかかわりがあります。

 

ただ注意したいのはこのターンオーバーを促す効果はグロースファクターが含まれている本来の動物由来のプラセンタに備わっている点です。胎盤から抽出されたものではなく植物プラセンタやマリンプラセンタにはグロースファクターが含まれていないのでこの点の効果は十分に期待できない可能性があります。製品選びの際には注意しましょう。

ニキビやアトピー性皮膚炎にも!抗炎症作用や免疫力アップ作用

研究が進歩したことでプラセンタに備わった幅広い効果に注目が集まるようになっていますが、その中には抗炎症作用や免疫力のアップも含まれています。つまりニキビやアトピー性皮膚炎といった厄介な肌トラブルの予防・改善にも活用できるわけです。

プラセンタは炎症を防ぎつつバリア機能を改善する効果も発揮

プラセンタ化粧品の効果

スキンケアというのは肌トラブルを改善するために行うにもかからず健康な肌にしか使用できないという矛盾を抱えている面もあります。バリア機能の低下や炎症、肌荒れを起こしている肌に使用すると刺激が強くてかえって肌を悪化させてしまう恐れがあるからです。

 

もともと肌荒れなどのトラブルを抱えているからこそシワやしみといったトラブルが起こりやすいというのにスキンケアが十分にできない、という悩みを抱えなければならない人も多いわけです。

 

現在では乾燥肌・敏感肌やニキビ・アトピー肌用に開発されてスキンケア製品も増えていますが、そうした製品では低刺激を重視したうえで肌環境を安定させるための有効成分がよく配合されています。殺菌成分のサリチル酸、抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウムなど。プラセンタエキスはそうした成分と同じように炎症を防ぎ、肌環境を安定化させる働きがあるうえに、さらにプラスアルファの効果も備わっているのです。

プラセンタはアトピーなど肌の健康そのものの改善が期待できる

プラセンタ化粧品の効果

一般的な殺菌成分・抗炎症成分はトラブルの原因となる雑菌の繁殖を促す効果を備えています。それに対してプラセンタの場合はそれだけでなくターンオーバーを活性化し、肌の潤いをもたらすことでバリア機能を改善する働きも備えています

 

しかも美白作用もあるのでニキビができた後によく見られる色素沈着によるニキビ跡の予防・改善にも役立ちます。まさに万能といってもよい働きが備わっているのです。

 

抗炎症作用についてもう少し詳しく見るとアトピーなどでアレルギー反応が生じた場合にはヒスタミンという物質が発生します。花粉症でもよく名前が挙がるこのヒスタミンは炎症の大きな要因となるのですが、プラセンタには物質がもたらす炎症反応を防ぐ働きがあると考えられているのです。免疫力アップ作用だけでなく、免疫力の過剰反応を防ぐ面もあるわけです。

 

このように炎症やアレルギー症状を防ぎつつ、ターンオーバーの活性化や保湿効果で肌の健康そのものも改善していくことができる。刺激に敏感で思うようにスキンケアができずに悩んでいる方にとってはまさに理想的な美容成分といってもよい内容をプラセンタは備えているのです。スキンケアだけでなくサプリメントで活用すれば肌に負担をかけることなくケアしていくことも可能です。

コスメルジュ編集部が選んだ!プラセンタ原液化粧品

ヴィーナスプラセンタ原液

プラセンタ原液おすすめヴィーナスプラセンタ原液

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>ヴィーナスプラセンタ原液の公式ホームページで詳しく見てみる!
キレイ・デ・ボーテ リペアセラム

プラセンタ原液おすすめキレイ・デ・ボーテ

100%美容成分!油溶性プラセンタと高濃度ビタミンCが小じわにアプローチ
5,980円・税込/定期初回1,980円(2回目以降4,980円)税込
>>キレイ・デ・ボーテの公式ホームページで詳しく見てみる!
フラコラ WHITE’stプラセンタエキス原液

プラセンタ原液おすすめフラコラ

プラセンタ原液100%!プラスワンのケアでトラブル知らずのあの頃の肌に
お試しサイズ15日分980円・税込 ※初回限定
>>フラコラの公式ホームページで詳しく見てみる!