プラセンタ配合率が多いものを! 成分表示欄をチェック

スキンケア製品やサプリメントでプラセンタエキスを活用する場合にはできるだけ多くの量を摂取することが大事です。プラセンタそのものへの関心の高まりからさまざまなメーカーが配合した製品を発売していますが、当然それぞれ配合量が異なっています。中にはプラセンタの注目度にあやかって「プラセンタ配合!」と宣伝しているものの実際の配合量はごくわずか、というケースも少なくありません。

プラセンタ化粧品を選ぶ際は成分表示欄をチェック

プラセンタ化粧品の選び方

さまざまな有効成分が配合されている製品の中にはプラセンタは決してメインの成分ではないにもかかわらず宣伝の際には全面的に押し出しているケースも見られます。

 

ではどうやって配合量をチェックすればよいのか?ということになるのですが、ほかにも有効成分がいろいろと配合されている製品の場合は製品に記載されている成分表示欄を確認するのが近道です。現在化粧品やサプリメントは配合されている成分をすべて表示することが義務付けられており、しかも配合量が多い順番から記載されています。

 

つまり記載されている順番を見ればプラセンタが配合成分の中でどれぐらいの位置にあるのか、他の成分と比較してどれぐらい多く配合されているのかを確認することができるのです。

 

スキンケア製品の場合、もっとも多く含まれている、つまり成分表示欄で一番上に記載されているのは水です。ですからその次以降のどれぐらいの位置にプラセンタが記載されているかが判断するポイントとなるでしょう。

プラセンタ化粧品の紹介ページなどで配合量を確認する

プラセンタ化粧品の選び方

水の次に記載されている場合にはプラセンタが主成分と考えても問題ありませんが、「この成分よりも配合量は少ないの?」と驚くような順番になっている場合は評価を少し下げた方がよいかもしれません。

 

ただこの成分表示欄はあくまで他の成分と比較してどれだけ配合されているか、配合率をチェックする方法、具体的な配合量を判断する際にはあまり役に立ちません。そんな時には製品の紹介ページなどに記載されている配合量を確認しましょう。プラセンタ配合をセールスポイントにしている製品の多くは配合量についても紹介しているはずです。

 

問題なのはこの配合量の記載方法で「プラセンタエキス○○ミリグラム配合」「プラセンタ原末○○ミリグラム配合」「○○倍濃縮で○○ミリグラム配合」など少々わかりづらい形で配合されています。簡単に言えば不純物や水分が含まれているかどうか、プラセンタのみを換算した数字かどうかでこれらの違いが出てきます。

 

原液換算やプラセンタエキスの場合は水分などが含まれている数字、原末や濃縮の場合はプラセンタのみを換算した数字なので注意しましょう。

おすすめはSPF豚プラセンタと馬プラセンタ!種類をチェック

プラセンタエキスを配合した化粧品・健康食品が増えている一方、その内容に関して注意が必要な部分も出てきています。本当にその製品には効果が得られるほどのプラセンタが含まれているのか、またどんな種類のプラセンタが配合されているのか。とくに種類に関しては少々あいまいな部分が多いので注意したいところです。

馬プラセンタはアミノ酸の含有量がもっとも多い

プラセンタ化粧品の選び方

プラセンタとは本来胎盤から抽出されたエキスから作られた成分のことです。そのためどんな動物の胎盤から抽出されたかによって成分内容にも違いが出てくるため、同じプラセンタでも効果や品質に差が出てくることもあります。

 

現在市場で出回っているプラセンタの中で主流の位置を占めているのが豚プラセンタと馬プラセンタです。もっとも高品質の種類として高く評価されているのが馬プラセンタで、アミノ酸の含有量がもっとも多いとされています

 

また品質にこだわって国産のサラブレッドなど出所がはっきりした原材料を使用しているものも多く、品質にこだわるならこれが一番といえるでしょう。馬の体温は人間に近く、寄生虫が住み着きにくい、などのメリットもあります。

 

一方豚プラセンタは飼育が容易なことから低コストで製造できる点が大きなメリットです。馬プラセンタがどうしても希少価値が高く価格が高めになってしまうのに対して豚プラセンタは安価で購入できるのです。

最近では不純物の心配がないSPF豚プラセンタが人気

プラセンタ化粧品の選び方

かつては馬プラセンタに比べてアミノ酸の含有量が格段に劣る(数百分の1)とも言われていましたが、現在では馬プラセンタは豚プラセンタの1.5〜1.8倍程度のアミノ酸が含まれていると考えられています。画含有量が少なめとはいえそれほど大きな差ではなく、価格面を考えるとこちらの方が優れているという評価もあるのです。

 

豚プラセンタに関してはもうひとつ、飼育中に与えた飼料に含まれている農薬の残留など安全面の不安も指摘されていましたが、現在ではSPF豚と呼ばれる日本SPF協会によって定められた安全基準を満たした豚を原材料にしたプラセンタが増えており、この問題もほぼ解決されています。この基準では農薬や抗生物質を使わないため、不純物が入り込むなどの不安がほとんどないのです。

 

これからプラセンタを使用する場合には馬プラセンタとSPF豚プラセンタがもっともオススメといってよいでしょう。注意したいのは本来胎盤から抽出されているエキスではない植物由来や魚由来の成分を「植物プラセンタ」「マリンプラセンタ」などと名づけて販売されている点です。

 

これらは栄養価に優れているのは事実ですが、成長因子(グロースファクター)が含まれていないのでプラセンタに期待した効果が得られないこともあるので気をつけましょう。

抽出の仕方で効果が違う?プラセンタの抽出方法をチェック

プラセンタに限らずサプリメントやスキンケア製品に配合されている有効成分はどんな製造過程を経て製品化されたのかが非常に重要なポイントとなります。不純物を除去する、殺菌するといった目的で加熱処理などを行うとせっかくの成分が損なわれてしまうこともあるからです。宣伝では「この成分には○○の効果が期待できる」と書かれているにもかかわらず実際には製造過程でその効果がほとんど失われてしまっている、なんてことも。

プラセンタの抽出の仕方で主流になりつつあるのが酵素分解法

プラセンタ化粧品の選び方

プラセンタの場合は抽出方法が重要なポイントとなっています。植物プラセンタやマリンプラセンタを除く本来の動物由来のプラセンタは胎盤からエキスを抽出し、そこから不純物を取り除いたうえで精製、製品化が行われています。この過程でエキスにどのような影響が及ぶかによって最終的な成分の内容に異なってくることもあります。

 

まずもっとも広く用いられているのが加水分解法です。コストがかからないこともあって抽出しやすいメリットもあります。これはプラセンタの主成分であるたんぱく質をアミノ酸に分解しながら抽出していく方法なのですが、一方で酸を使用することで有効成分を壊してしまう問題点を抱えています。

 

この問題を解決したのが酵素分解法です。現在ではこちらが主流になりつつあり、多くのメーカーで採用されているようです。こちらは同じくアミノ酸に分解させる過程で酸ではなく酵素を使用する点に違いが見られます。

細胞培養法はグロースファクターを残りやすく製品化できるメリットが・・

プラセンタ化粧品の選び方

酸のように刺激が強くなく、しかも製造過程において極端な温度差が生じないことから有効成分が壊れにくく、エキスに含まれている分をしっかりと抽出できるのが大きな魅力です。プラセンタ配合の製品を選ぶ場合にはまずこの方法を採用しているかどうかを見ておきましょう。

 

この酵素分解法を発展させて圧力を加えることで酵素の働きを活性化させる高圧酸素分解法という方法もあります。こちらのほうがより有効成分を無駄なく抽出しやすくなっています。

 

他の方法では細胞培養法という方法を導入している製品もあります。こちらはプラセンタエキスの細胞を培養した上で抽出するもので、プラセンタ最大のポイントといえるグロースファクター(成長因子)がもっとも残りやすく製品化できる方法として注目されています。美容目的でプラセンタを活用するならこれがベストといってもよい方法ですが、まだコストがかかるので実際に採用している製品はまだ限られています。

 

これらの方法の中から価格と効果のバランスを踏まえたうえで自分にあった製品を選んでみましょう。

コスメルジュ編集部が選んだ!プラセンタ原液化粧品

ヴィーナスプラセンタ原液

プラセンタ原液おすすめヴィーナスプラセンタ原液

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>ヴィーナスプラセンタ原液の公式ホームページで詳しく見てみる!
キレイ・デ・ボーテ リペアセラム

プラセンタ原液おすすめキレイ・デ・ボーテ

100%美容成分!油溶性プラセンタと高濃度ビタミンCが小じわにアプローチ
5,980円・税込/定期初回1,980円(2回目以降4,980円)税込
>>キレイ・デ・ボーテの公式ホームページで詳しく見てみる!
フラコラ WHITE’stプラセンタエキス原液

プラセンタ原液おすすめフラコラ

プラセンタ原液100%!プラスワンのケアでトラブル知らずのあの頃の肌に
お試しサイズ15日分980円・税込 ※初回限定
>>フラコラの公式ホームページで詳しく見てみる!