コスメルジュ編集部が選んだ!プラセンタ原液化粧品

即効性に優れた原液3種も配合の美容液

プラセンタ原液おすすめヴィーナスプラセンタ原液

プラセンタエキス・プロテオグリカンエキス・サイタイエキスの3種を原液配合しているのがヴィーナスプラセンタ原液

 

原液なのにサラッとしたテクスチャーで、プラセンタ独特の香りもありません。3滴ほどハンドプレスすると、すぐに浸透してベタつきも感じず、むしろサラサラの肌触り。

 

洗顔直後の敏感な状態に、原液…と初日は不安でしたが、刺激やトラブルは全くありませんでした。

 

1週間くらい使っていたら、洗顔後にモッチリと柔らかさを感じるように。これを使うとその後のスキンケアの浸透力もアップして、肌がトータル的に元気になってきてる気がします。
さすが原液配合だけあって、すぐにどうにかしたい!と即効性を求める方にぴったりです。

おすすめプラセンタ原液化粧品

ヴィーナスプラセンタ原液

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合

プラセンタ原液おすすめヴィーナスプラセンタ原液

原液が3種類も入っていますが、サラサラとして肌にすぐなじんでくれる液体です。香りもこれと言って無く、塗ってすぐ肌がスベスベになれます。スポイト式でいつも同じ量が使えるし衛生面でも安心です。乾燥しやすい口元に塗っていたら、くっきりしていたほうれい線が心なしうっすらしてきたような…。乾燥はきっちり防いでくれています。

3大美容成分を原液配合した高濃度美容液。プラセンタシェアNo.1のスノーデン社と共同開発した独自成分「ビューティープラセンタエキス」を始め「プロテオグリカン」「サイタイエキス」をそれぞれ100%原液のまま高濃度トリプル配合しているので美容効果をダイレクトに実感出来るのが特徴です。エイジングケアに早く結果を出したいという方に試したいプラセンタ美容液です。
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
公式HPへヴィーナスプラセンタ原液

キレイ・デ・ボーテ リペアセラム

100%美容成分!油溶性プラセンタと高濃度ビタミンCが小じわにアプローチ

プラセンタ原液おすすめキレイ・デ・ボーテ

とろりとしたオイルでたった2滴で顔全体にスルスルっと伸びていき、小じわの中にもスルッと入り込んでくれます。疲れている私のお肌が、寝る前に塗ると翌朝ふっくら潤うのが分かるくらい、保湿力もあります。ビタミンCも高濃度で入っているので、気になっていた点在シミや小じわもマシになってきました。敏感肌ですがトラブルも起きていません。

効能評価試験済で深い乾燥小じわが目立たなくなることが証明されている美容液。油溶性プラセンタ原液と、水溶性より3倍の浸透力のある油溶性ビタミンC誘導体が12%も配合されているのが特徴です。原料はこの2種だけの100%美容成分なので、角質層まで浸透します。どんな化粧品でも小じわに効果を感じられなかった方におすすめです。
5,980円・税込/定期初回1,980円(2回目以降4,980円)税込
公式HPへ

フラコラ WHITE’stプラセンタエキス原液

プラセンタ原液100%!プラスワンのケアでトラブル知らずのあの頃の肌に

プラセンタ原液おすすめフラコラ

原液なのにサラッとしてべたつかないので、洗顔後でもすんなり馴染みます。においも全然しないし、スポイトの先端に1回の使用量目安が付いているので、初めてでも適量が分かる親切ぶり。思ったより早く、肌がふっくらとしてツヤも出てきました。ビンも光を通さないから劣化しなくて安心ですね。

無菌農場で育てられた豚由来のプラセンタを100%配合した美容液。洗顔後にプラスするだけで、肌の透明感やハリを改善してくれるのが特徴です。5つの無添加に加え、美容成分の効果を損なわず、プラセンタ独特のにおいも軽減しています。最近肌が元気がなくなって来た、手軽に新しいケアを取り入れたいと考えている方に。
お試しサイズ15日分980円・税込 ※初回限定
公式HPへ

 

 

※@コスメや楽天レビューなどを参考に自分たちで実際に使ってみた感想、アンケート結果を元に評価の高かったプラセンタ原液を独自に選んでみました。
掲載した口コミは各公式HPまたはレビューサイトから一部抜粋しております。価格やキャンペーン情報などは変更している場合がありますので公式サイトで最新の情報をご確認下さい。

プラセンタ原液(化粧品)の失敗しない選び方

プラセンタを配合した化粧品が増えているなか、注目を集めているのがプラセンタ原液です。これは胎盤から抽出されたエキスを水や他の有効成分などで薄めることなくそのまま配合したもので、よりプラセンタ本来のメリットを得やすいといわれています。

100%原液でもすべてプラセンタが配合されているとは限らない

プラセンタ原液の選び方

なお、そのままといってももちろん抽出過程で衛生面・安全面を重視した上で製品化されています。

 

ただ注意したいのはプラセンタ原液といってもプラセンタだけが配合されているとは限らず、またプラセンタの濃度が高いとも限らない点です。

 

この「原液」という表現は少々あいまいな面もあり、胎盤から抽出された原液にはもともと水分も含まれていますし、製造上の都合で多少なりとも水分や油分が加えられているケースもあります。

 

ですから粉末状など濃縮された「純度100パーセント」をアピールしているプラセンタエキスとは内容が異なるのです。

 

また他の成分と併せて配合してある化粧品も増えており、たとえば100パーセントのプラセンタ原液と100パーセントのプロテオグリカンが併せて配合されているといった製品も見られます。つまり100パーセント原液といっても化粧品の配合成分すべてがプラセンタエキスとは限らない、ということになります。

プラセンタ原液を選ぶ際は商品の内容をしっかり確認する

プラセンタ原液の選び方

この点は非常に難しい部分で、プラセンタの人気を集めているからこその現象ともいえるでしょう。

 

ですからプラセンタ原液といってもすべて同じではなく、製品によって内容も配合量・配合率もまったく違うという認識で製品を比較検討していく必要があるわけです。このように定義にあいまいな面があるだけに信頼できるメーカーの製品から選ぶのが大前提です。

 

原液100パーセントといっておきながら実際には水でたくさん薄められている、実際には他の有効成分のほうがずっと配合量が多いのにプラセンタを主成分のように扱っているといった製品に引っかからないためにもメーカーの信頼性が大きな意味を持つのです。

 

そして製品をチェックする際には商品の紹介ページでプラセンタ原液の内容をよく確認しておきましょう

 

信頼できる製品ならどのような意味で原液という名称を使っているのか、実際にどれぐらいの量が配合されているのかが説明されています。この点があいまいな製品は避けたほうが無難でしょう。

 

このように少々選ぶのが難しい面もありますが、うまく活用すればプラセンタのメリットを最大限に活かしつつ毎日のスキンケアに役立てていくことができます。ぜひ自分にピッタリの高品質な製品を見つけましょう。

プラセンタ原液(化粧品)の上手な使い方

プラセンタ原液は使い方が特殊な面があるうえに製品によって適切な使い方が違ってくる場合もあります。ですから上手な使い方ができるかどうかで効果に大きな差が出てくる可能性も出てくる難しいアイテムでもあります。

基本的にプラセンタ原液は洗顔後につける

プラセンタ原液の使い方

プラセンタ原液の最大の特徴は極力加工を施すことなくプラセンタをそのまま配合してある点です。

 

ですからそのメリットを最大限に生かすためには洗顔後に最初に使用するのがもっともよいといわれています。通常は洗顔後に化粧水で肌を整えるわけですが、その前にプラセンタ原液を使う形になります。

 

プラセンタにはグロースファクター(成長因子)のほかアミノ酸、ビタミンなど非常に豊富な成分が含まれています。それを肌にしっかりと浸透させるためにも洗顔後がもっとも適していると考えられているのです。

 

人間の肌が吸収できる美容成分の量は限られており、化粧水、美容液で有効成分を補った後に使用するとせっかくの豊富な成分が十分に浸透しない可能性が出てきてしまうからです。

 

ただ、洗顔後は肌が非常に敏感で無防備な状態になっています。だからこそ化粧水で保護しつつ整える必要があるわけですが、その前にプラセンタ原液を使う以上、肌に負担をかけないよう配慮する使い方が求められます。

 

何度も擦って塗付するような使い方だと摩擦の刺激がダメージを与えてしまう恐れがあるため、基本的には手のひら全体に原液をつけた状態で顔全体を包み込むようにつけていきます

じっくりムラなく馴染ませることが大切

プラセンタ原液の使い方

ハンドプレスの容量ですが、じっくりとやさしくなじませること、顔全体にムラなく塗付して行くよう意識して行っていきましょう。口元や目元など乾燥しやすく有効成分が浸透しにくい部分は時間をかけてなじませるなどの工夫も取り入れてみるのもよい方法です。

 

その後にも化粧水、美容液とケアを行っていくわけですが、あまりたくさんの量を使ってしまうとスキンケア全体のバランスを乱してしまう恐れがあります。

 

美容液で補う有効成分も重要ですから、それがしっかり浸透するためにも適量を心がけて使っていくようにしましょう。とくに最初のうちはどうしても効果を早く実感したいあまり量を多くしてしまいがちなので踏まえておきたい部分です。

 

これが基本的なプラセンタ原液の上手な使い方です。ただ冒頭でも触れたように製品によって使い方が異なり、中には普通の美容液のように化粧水の後に使用するタイプもあります。最終的には製品の指示に従った上で適切な方法で使っていくことになるでしょう。

 

少々面倒で難しい部分もありますが、せっかくのプラセンタを活かせるよう基本を踏まえつついろいろと試行錯誤してみてはいかがでしょうか。

ヴィーナスプラセンタ原液

ヴィーナスプラセンタ原液はプラセンタを主成分としつつ話題の美容成分を組み合わせることでエイジングケア効果のアップを目指した化粧品です。

プラセンタを100%原液で配合

ヴィーナスプラセンタ原液

プラセンタを配合した化粧品がさまざまなメーカーから発売されており、現在ではプラセンタの質や化粧品としての総合力が問われる時代になっています。

 

このヴィーナスプラセンタ原液はそんな時代の期待に応える形でこの製品ならではのこだわりや魅力を備えています。

 

まずプラセンタにはこのヴィーナスプラセンタ原液独自の「ビューティープラセンタエキス」を100パーセント原液で配合。プラセンタエキスは水などで薄めた形で配合されることも多いのですが、これは原液での配合です。

 

しかも原材料からエキスを抽出する過程ではもっとも有効成分が損なわれずに済む低温酵素抽出法という方法が用いられており、プラセンタの優れた栄養価を最大限に取り入れられる内容になっています。
ヴィーナスプラセンタ原液にはサイタイエキスやプロテオグリカンも原液で配合

サイタイエキスやプロテオグリカンが相乗効果を発揮

ヴィーナスプラセンタ原液

この特別なプラセンタをサポートする形で配合されたのがサイタイエキス

 

プラセンタと併せて配合される機会が増えているこのエキスはへその緒から抽出されたもので、ヒアルロン酸やアミノ酸などの栄養が豊富に含まれています。スキンケアではとくに保湿効果に優れている点が魅力です。

 

それから話題の美容成分、プロテオグリカン。ヒアルロン酸を上回る保水力とEGF様のエイジングケア効果で注目を集めているこの成分を純度100パーセントで配合、加齢による乾燥やバリア機能の低下やハリ不足などに効果が期待できます。

 

さらに保湿効果に優れた琥珀酸、おなじみの保湿成分ヒアルロン酸も配合、この5種類の美容成分が相乗効果を発揮することで年齢肌にアプローチして若々しく健康的な肌へと導いてくれます。

 

原液を配合することでプラセンタのメリットを最大限に活かしつつ他の成分との相乗効果も取り入れる。まさに理想的なプラセンタの活用方法を実現したともいえるこのヴィーナスプラセンタ原液。近年増えているプランセンタ原液の中でもとくにオススメのひとつです。

ヴィーナスプラセンタ原液の公式HPでお試し・キャンペーン情報を詳しく見てみる!

 

オージオ化粧品 ヴィーナスプラセンタ原液 34歳 やや乾燥肌

1.その時のアナタの肌の状態と悩み

ヴィーナスプラセンタ原液

それほど肌が乾燥しやすい体質ではなかったはずですが、年齢と共に特に冬の時期は肌がカサっとした手触りになって来たのが気になりました。コラーゲンやヒアルロン酸が入った化粧品を使っていましたが、効果をいまいち感じられず…。このままでは冬以外でも乾燥してしまう、とちょっと焦ってました。

 

 

2.その美容液を選んだ理由

他にもっといい成分は無いかと探してた時に、プラセンタを知りました。保湿や美白など総合的に効果が期待できる点が気に入り、プラセンタが配合された美容液の中でも、更に凄そうな成分が合計3つも原液配合というこちらが気になって仕方ありませんでした。

 

3.テクスチャー、香りと刺激など最初の印象

ドロドロとかベタベタという事が全然なくて、本当に原液なのかと一瞬不安になるくらい、サラサラとした水に近い感触です。香りも特に気になることがなく、肌の上にいつまでも残っていることがないので、美容液の中でも好印象です。

 

4.効果と他の美容液との違い、改善して欲しい点

さすが原液が3種も混ざってるだけあって、乾燥はしません。これまでは夕方には乾燥による化粧崩れも起こしやすかったのが、ずっとスベスベとした肌触りのままでいます。濃度が濃いので、却って肌に負担がかかることがないか、というのを心配していましたが、栄養過多によるニキビができたりとかも全然ありませんでした。
この3つだから意味があるかもしれませんが、色々な美容成分がそろっていて自分でオーダーメイドで混ぜられるオリジナリティがあれば面白いですね。

ヴィーナスプラセンタ原液の公式HPでお試し・キャンペーン情報を詳しく見てみる!

キレイ・デ・ボーテ リペアセラム

キレイ・デ・ボーテのリペアセラムは若々しい肌作りを目的に開発されたエイジングケア化粧品です。プラセンタを主成分として配合されている製品ですが、プラセンタの中でもとくに保湿力に優れた油溶性プラセンタを使用しているのが大きな特徴です。

キレイ・デ・ボーテ リペアセラムは保湿性に優れた油溶性のプラセンタ

キレイ・デ・ボーテ リペアセラム

市販されているプラセンタ化粧品に配合されているのはほとんどが水溶性です。

 

これはもともとプラセンタが水溶性であり、油分と混ぜ合わせるのが技術的にもコスト的にも難しいからなのですが、このキレイ・デ・ボーテ リペアセラムでは18年もの長い間の研究の成果によって油溶性のプラセンタの開発と配合に成功しました。

 

この油溶性プラセンタにはプラセンタとともにオレイン酸が含まれています。オリーブ油に含まれていることで有名なこの不飽和脂肪酸には水分を抱え込む働きが備わっており、スキンケア製品として活用することで非常に高い保湿効果を発揮します。

 

この油溶性プラセンタの形で配合することで従来の水溶性プラセンタに比べて塗付した後の30分後、1時間後の保湿力がともに非常に高いレベルを維持できていることがメーカーの実験によって明らかになっています。

キレイ・デ・ボーテ リペアセラムは美白効果、エイジング効果も・・

キレイ・デ・ボーテ リペアセラム

さらに油溶性プラセンタは美白効果にも優れています

 

シミの原因となるメラニン色素の生成に関与するチロシナーゼという酵素の働きを阻害する働きがあり、メラニン色素の生成を40パーセントもカットできる効果が実験によって明らかになっています。

 

しかもプラセンタは胎盤の中でももっとも栄養価に優れている絨毛組織から抽出されたもののみを使用しており、品質の高さにもこだわっています。

 

そしてプラセンタとならでリペアセラムの主成分といってもよいのがビタミンCです。プラセンタとの相性もよいことで知られる美容成分ですが、このキレイ・デ・ボーテ リペアセラムでは12パーセントという従来にない高濃度で配合されています。

 

通常のビタミンC配合の化粧品の配合率が3パーセント程度ですから、いかに高いレベルにあるかが窺えます。そのため効果も24時間維持、抗酸化作用をはじめとしたエイジングケア効果が最大限に発揮されています。

 

年齢を重ねるとシワやシミといったトラブルが目立つようになるもの。このキレイ・デ・ボーテのリペアセラムはそんなトラブルを予防し、若々しい肌作りに役立ってくれるでしょう。毎日のエイジングケアにオススメです。

キレイ・デ・ボーテ リペアセラムの公式HPでお試し・キャンペーン情報を詳しく見てみる!

 

キレイ・デ・ラボ キレイ・デ・ボーテ リペアセラム 57歳 混合肌

1.その時のアナタの肌の状態と悩み

キレイ・デ・ボーテ リペアセラム

目元に結構なシワが複数刻まれています。これまでも保湿クリームやマッサージをしてきましたが、あまりべたつく感じが好きではなく、クリームは保湿力を取るか使い心地を取るか…でいつも、さっぱりしたクリームを使ってしまい、効果も何となくのことが多かったです。

 

2.その美容液を選んだ理由

以前こちらのメーカーのサプリを利用した事があります。そのためプラセンタの品質については信頼が持て、またそのプラセンタが油溶性という事が気になりました。肌の万能薬と言われるビタミンCもかなり濃い濃度で配合されているので、他の美容液も効果がありそうだと期待が持てました。

 

3.テクスチャー、香りと刺激など最初の印象

サラリとトロリの中間クラインのテクスチャーで、少量でも肌にサーと広がってすぐに浸透して行きます。混合肌なので、顔全体に使った場合にパーツによってべたつきが気になることが多いのですが、こちらは乾燥部分でもテカりやすい部分でも、どちらもサラッとした肌になりオイルのイメージとはいい意味で違っています。

 

4.効果と他の美容液との違い、改善して欲しい点

始めに感じた効果は肌の色が明るくなってきた事です。プラセンタもビタミンCもどちらも美白効果があるおかげだと思います。色が明るくなるだけでも気分がちょっと良くなります。更にずっと使っていたら、くっきりとした目元のシワも、少しふっくらしてきたように見えます。年齢なりのシワなので、全く目立たなくなるというのは難しいかと思われますが、以前より目がはっきり大きく見えるような気がします。
これまではクリームばかりでしたが、美容液でもきちんと保湿されることが実感できました。

キレイ・デ・ボーテ リペアセラムの公式HPでお試し・キャンペーン情報を詳しく見てみる!

フラコラ WHITE’stプラセンタエキス原液

フラコラのWHITE’stプラセンタエキス原液はプランタエキスを100パーセント原液で配合し、プラセンタの効果を最大限に発揮することを目的に開発された化粧品です。

フラコラ WHITE’stプラセンタエキス原液は薄めず100パーセント原液

フラコラ WHITE'stプラセンタエキス原液

プラセンタが美容成分として注目されている一方、その質が問われるようになっています。原材料はもちろん、配合量・配合率なども製品の良し悪しを決める重要なポイントで、中には配合量が少なく十分な効果が得られないのでは?と思えるものもあります。このWHITE’stプラセンタエキス原液ではプラセンタの原液を100パーセント配合しており、最大限の効果を目指しています。

 

多くのプラセンタはプラセンタそのものに水分や油分を混ぜた上で「プラセンタエキス」として配合されています。それに対してこのWHITE’stプラセンタエキス原液ではそうした薄めてしまうような物質は一切含めず原液のまま、100パーセント配合されています。その結果プラセンタを肌にダイレクトに届けることが可能になりました。

フラコラ WHITE’stプラセンタエキス原液は高品質な豚プラセンタを使用

フラコラ WHITE'stプラセンタエキス原液

さらにプラセンタの原材料にはSPF豚を採用。かつてプラセンタといえば馬由来のプラセンタが圧倒的に品質が高いといわれてきましたが、近年のデータでは豚プラセンタも馬プラセンタに劣らないアミノ酸の含有量を持っており、品質的にそれほど劣らないことがわかっています。

 

また豚プラセンタは飼育過程の抗生物質や農薬の残留が不安視されていた時期もありましたが、この製品では非常に厳しく高い基準のもとで飼育されたSPF豚を原材料としており、この点も問題もありません。

 

化粧品では添加物がもたらす肌への負担も気になります。このWHITE’stプラセンタエキス原液では原液を100パーセント使用していることもあって香料、着色料、パラベン、界面活性剤、鉱物油などの添加物は一切使用されていません。プラセンタには興味があるけど刺激に敏感なので思うようにスキンケアができない、とお悩みの乾燥肌・敏感肌の方にも使いやすい内容となっています。

 

このようにWHITE’stプラセンタエキス原液は質の高いプラセンタをスキンケアに最大限に役立てたいというこだわりが活きた化粧品です。はじめてプラセンタ化粧品を試してみる方はもちろん、これまでのプラセンタ化粧品に満足できなかった方にもオススメです。

WHITE’stプラセンタエキス原液の公式HPでお試し・キャンペーン情報を詳しく見てみる

 

フラコラ WHITE’stプラセンタエキス原液 29歳 普通肌

1.その時のアナタの肌の状態と悩み

フラコラ WHITE'stプラセンタエキス原液

ここ数年で何となくお肌の曲がり角を実感し始めました。肌が白いとか、つるつるしてるとか褒められることが多かったのですが、ファンデーションの色に違和感を感じ始めたり、洗顔時にも以前ほど肌触りのよさが無くなりました。肌の老化を認めたくないという意地が出てきてしまって、何としても改善したかったです。

 

2.その美容液を選んだ理由

バラエティショップでこちらのメーカーの美容液が色々並んでいました。パッケージの柄が可愛いなーと思ったのですが、その場ではどれが良いか分からず、帰ってからサイトを見たら、悩み別にお勧めの美容液を紹介するコーナーがあり、私はプラセンタでした。お試しサイズは原液なのに安めだったので、失敗してもまいっかー、程度に試してみることにしました。

 

3.テクスチャー、香りと刺激など最初の印象

プラセンタは臭いと聞いてたので、これまでは使うのを躊躇ってました。始めは息を止めて出してみたのですが、これまでの評判?と違って、全然臭くなかったです。水みたいに透明でサラサラだったので、手からこぼれないように気を付ける必要がありました。それまでスポイト式の化粧品を使ったこと無かったですけど、いつも同じ量を出せるところもいいなって思いました。

 

4.効果と他の美容液との違い、改善して欲しい点

自覚なかったですが目元の乾燥が進んでたみたいで、これ使い始めてから1週間くらいで、目の周りの肌がピンとしてるようになりました。目の辺りが改善すると、ぱっと見の印象も変われた感じです。これで気分良くなって、大きなサイズも買って使い続けてるんですけど、ファンデーションの色を元に戻すことができました。本当に嬉しい!
他の美容液の違いは、やっぱり原液だからか割と短期間で効果が分かったこと、改善してほしい点は特にないです。

WHITE’stプラセンタエキス原液の公式HPでお試し・キャンペーン情報を詳しく見てみる

 

 

 

更新履歴